記事の詳細

レストラン風ロゴデザイン:鶏編 -#080

  • 2018.01.25

  • レストラン風ロゴデザイン:鶏編

    レストランのロゴは、看板だけでなく、予約サイトやショップカードにもあしらわれるもの。食欲をそそるデザインであることも重要です。今回は、鶏をモチーフにしたロゴデザインを3つピックアップしました。バリエーションとして「肉編」、「魚編」もあります。

     

    ワッフルと鶏を組み合わせたロゴデザイン

    黄色いワッフルと鶏をモチーフにしたロゴです。鶏のトレードマークである赤いトサカがアクセント。アルファベットはシンプルなフォントに、ワッフルの凹凸も素朴な佇まいで、やさしい雰囲気のロゴに仕上がっています。鶏の輪郭線は太いところと細いところがあり、ぬくもりを感じさせます。

     

    シルエットで構成したハンドメイド感のあるロゴマーク

    1番目のロゴと似たような構図でありながら、雰囲気はまったく違います。太めのサインペンで描いたようなシルエットデザインは、背景のブラウンベージュとあいまって硬派な印象に。かっちりしたフォントがロゴ全体をきりっと引き締めています。オーガニック系のレストランや、こだわりの牧場プリンなどに使われていそうなデザイン。

     

    鶏とトウガラシを組み合わせたロゴデザイン

    食べられるとも知らずに(?)、トウガラシに乗ってのんびりくつろぐ鶏。トサカがリーゼントのように大きくデフォルメされていて、ニッと笑った表情も特徴的です。トサカとトウガラシ、そして文字が赤で統一されているのでエネルギッシュな印象に。黄色い部分の集中線と遠近感により、こちらに飛び出してくるような活きのよさを感じます。

    豚や牛、鶏といったモチーフのロゴマークは、食肉店でもよく用いられています。特に鶏はほかの食肉に比べて鶏そのものが登場する率が多いような気がします。少しかわいそうな気もしますが、彼らの命をいただいているということを再確認するためにはよいのかもしれません。

     


    「デザインインスピレーション」のコーナーでは、世界中のロゴデザインやブランディング事例をピックアップして紹介しています。企業ロゴ・ブランドロゴなどの用途は問わず、荒削りでも着眼点やアイデアが面白いものはピックアップしています。

    ロゴ作成の依頼・制作料金について
    ロゴデザインの作成・提案事例へ


    1. TOP
    2. ロゴ作成のアイデア&インスピレーション
    3. レストラン風ロゴデザイン:鶏編 -#080

    ロゴデザインのLOGOLO™へようこそ!

    LOGOLOのロゴ

    ロゴ制作はLOGOLOにお任せください!

    ご予算に応じたプランで、リーズナブルにロゴマークの作成が可能です。企業から個人の方まで幅広くご利用いただいており、業種を問わず、様々な企業ロゴ・ブランドロゴ等の制作に対応しています。プロのデザイナーが作成するロゴマークをお求めやすい価格で!

    制作のお見積もり・ご依頼はお気軽に!

    為になるデザイン情報発信中

    ロゴデザインのコラム

    ssl2

    カード決済対応

    ©LOGOLO

    ■デザイン・記事内容はLOGOLO又は第三者に帰属します。
    ■デザインの参考画像としてのご利用や、メディアなどへの掲載を希望される方は、お問合せフォームよりご連絡ください。
    ※画像はイメージです。実際の情報と異なる場合がございます。
    ページ上部へ戻る



    事業概要

    ご利用規約

    LOGOLO™では、企業やブランドなどのロゴ制作を行っています。お気軽にお問い合わせください。