記事の詳細

レストラン風ロゴデザイン:肉編 -#079

  • 2018.01.25

  • レストラン風ロゴデザイン:肉編

    レストランのロゴは、看板だけでなく、予約サイトやショップカードにもあしらわれるもの。食欲をそそるデザインであることも重要です。今回は、肉をモチーフにしたロゴデザインを3つピックアップしました。バリエーションとして「鶏編」、「魚編」もあります。

     

    スピーカーのような肉のロゴデザイン

    豪快に切り取られた骨つき肉が、拡声器のようにデザインされたロゴです。ブラウンとオレンジ、ピンクという暖色系の組み合わせが、温かい食事を連想させます。ラフな感じの塗り方も、ほっとできるゆるさがあります。 独特の味わいをかもしだす、手書き文字風のアルファベットにも注目。

     

    肉のラベル風ロゴデザイン

    Irshad Meerさん(@irshubaba)がシェアした投稿

    ブランドの肉に貼られているようなラベルをイメージした、クラシカルなロゴデザイン。ブラウンと赤の組み合わせが、赤ワインやクラフトビールに合う、お腹にしっかりとたまる料理を想像させます。ステーキのように分厚い肉は、白い脂身や筋が赤みを強調しています。血の滴るような健康的で食べ応えのありそうな肉ですね。

     

    串焼き肉のロゴデザイン

    肉と野菜を串刺しにし、豪快に火で炙ったようなデザイン。串焼きは、トルコではシシカバブ、ギリシャではスブラキ、ブラジルではシュラスコといい、それぞれの国によって特徴があります。ケバブという名前は日本でもフードスタンドがあり、メジャーな名称といえるかもしれません。 このロゴは、水彩画のような透明感のある描き方で、背景の黄色が食欲をそそります。

    ストラン風とタイトルをつけましたが、デリカテッセンやフードワゴン、お取り寄せ食材を扱う通販サイトなど、さまざまな場面に展開可能なロゴばかり。視野を広げて意外性のある使い方をするのも面白いかもしれません。

     


    「デザインインスピレーション」のコーナーでは、世界中のロゴデザインやブランディング事例をピックアップして紹介しています。企業ロゴ・ブランドロゴなどの用途は問わず、荒削りでも着眼点やアイデアが面白いものはピックアップしています。

    ロゴ作成の依頼・制作料金について
    ロゴデザインの作成・提案事例へ


    1. TOP
    2. ロゴ作成のアイデア&インスピレーション
    3. レストラン風ロゴデザイン:肉編 -#079

    ロゴデザインのLOGOLO™へようこそ!

    LOGOLOのロゴ

    ロゴ制作はLOGOLOにお任せください!

    ご予算に応じたプランで、リーズナブルにロゴマークの作成が可能です。企業から個人の方まで幅広くご利用いただいており、業種を問わず、様々な企業ロゴ・ブランドロゴ等の制作に対応しています。プロのデザイナーが作成するロゴマークをお求めやすい価格で!

    制作のお見積もり・ご依頼はお気軽に!

    為になるデザイン情報発信中

    ロゴデザインのコラム

    ssl2

    カード決済対応

    ©LOGOLO

    ■デザイン・記事内容はLOGOLO又は第三者に帰属します。
    ■デザインの参考画像としてのご利用や、メディアなどへの掲載を希望される方は、お問合せフォームよりご連絡ください。
    ※画像はイメージです。実際の情報と異なる場合がございます。
    ページ上部へ戻る



    事業概要

    ご利用規約

    LOGOLO™では、企業やブランドなどのロゴ制作を行っています。お気軽にお問い合わせください。