記事の詳細

幸せのピンクを使ったロゴデザイン作成例 -#078

  • 2018.01.24

  • ロゴデザインインスピレーション78

    かわいい色と聞かれて、まず思い浮かぶのは「ピンク」ではないでしょうか。色っぽい、艶っぽい、女性が好みそうなど「ピンク」には肯定的なイメージがあります。 ここでは、ピンクを上手く使ったロゴデザインを3つご紹介します。

     

    同系色でしっとりとまとめた薔薇のロゴ

    LOGO PLACE®さん(@logoplace)がシェアした投稿

    最初は、可憐な花をエンブレム風にしたロゴデザインです。つつましやかに花弁が巻いているところをみると、これは薔薇でしょうか。 花びらには濃淡のあるピンクを二種類、そしてエンブレムの外郭と花びらの描線には、濃いブラウン。 花の周りの空白にも、淡いピンクを配しています。 すべて同じ色相の色を使っているので、全体的によくまとまっています。 可憐さとアダルティな雰囲気が同居する、よいロゴデザインです。

     

    塗るポイントをしぼって作成された柔らかな雰囲気の人力車ロゴ

    Logospireさん(@logospire)がシェアした投稿

    次は日本の人力車がモチーフです。人力車の描線、それにロゴタイプが紫、お客さんの座る椅子の部分だけにピンクがのせてあります。彩色するポイントをしぼることで、視線をうまく主題に誘導しています。また、椅子の描線を少しはみ出してピンクをのせていたり、幌や車輪なども一部省略して描かれていたりと、ソリッドなタッチでありながら、全体的に柔らかく、はんなりとした雰囲気を醸し出す工夫がされています。よく見ると地の部分にも薄いピンクが塗られていますね。

     

    レオタードでキュートに踊る女の子のロゴデザイン

    LOGO PLACE®さん(@logoplace)がシェアした投稿

    最後に、レオタードで踊る女の子のデザインをご紹介します。 新体操でしょうか、手足をすっと延ばし、元気に跳躍している姿が描かれています。こちらも同じくソリッドなタッチの描線を使っていますが、全然印象が違いますね。 モチーフ自体に動きがあることに加えて、レオタードと地に使われているピンクの彩度が高いことも、このロゴデザインの印象を強くしています。

    一口にピンクといっても、濃度や彩度・使う場所を工夫することでずいぶんと違う印象になりますね。 ピンクは幸せの色と言われることもあります。ピンク色を上手に使って、見る人を幸せな気持ちにしてしまいましょう。

     


    「デザインインスピレーション」のコーナーでは、世界中のロゴデザインやブランディング事例をピックアップして紹介しています。企業ロゴ・ブランドロゴなどの用途は問わず、荒削りでも着眼点やアイデアが面白いものはピックアップしています。

    ロゴ作成の依頼・制作料金について
    ロゴデザインの作成・提案事例へ


    1. TOP
    2. ロゴ作成のアイデア&インスピレーション
    3. 幸せのピンクを使ったロゴデザイン作成例 -#078

    ロゴデザインのLOGOLO™へようこそ!

    LOGOLOのロゴ

    ロゴ制作はLOGOLOにお任せください!

    ご予算に応じたプランで、リーズナブルにロゴマークの作成が可能です。企業から個人の方まで幅広くご利用いただいており、業種を問わず、様々な企業ロゴ・ブランドロゴ等の制作に対応しています。プロのデザイナーが作成するロゴマークをお求めやすい価格で!

    制作のお見積もり・ご依頼はお気軽に!

    為になるデザイン情報発信中

    ロゴデザインのコラム

    ssl2

    カード決済対応

    ©LOGOLO

    ■デザイン・記事内容はLOGOLO又は第三者に帰属します。
    ■デザインの参考画像としてのご利用や、メディアなどへの掲載を希望される方は、お問合せフォームよりご連絡ください。
    ※画像はイメージです。実際の情報と異なる場合がございます。
    ページ上部へ戻る



    事業概要

    ご利用規約

    LOGOLO™では、企業やブランドなどのロゴ制作を行っています。お気軽にお問い合わせください。