記事の詳細

ピアノの鍵盤を用いたロゴ作成例 -#075

  • 2018.01.20

  • ロゴデザインインスピレーション75

    音楽教室やピアノバーといった場所に限らず、ピアノの鍵盤をモチーフとしたデザインは人気です。モノクロで表現できて上品なイメージもあるため、子ども服やトートバッグといったファッションアイテムにもよく用いられているように思います。そんな鍵盤モチーフのロゴデザインをまとめました。

     

    アルファベットに鍵盤を描いたロゴデザイン

    「Pushing Keys」の「P」と「K」を鍵盤のデザインで構成しています。飾り文字らしいくるりと伸びた曲線が、映画監督ティム・バートンの描く不思議な世界を連想させます。直線部分だけでなく曲線部にも鍵盤を配置して、文字全体にデザイン性をもたせているのがポイント。

     

    木を鍵盤に見立てたロゴ制作例

    クラシックスタジオのロゴマークとのこと。一見すると、このどこが鍵盤?と思ってしまいますが、針葉樹らしい木の茂った部分が黒鍵を、長く伸びた幹の部分を白鍵をあらわしています。ピアノの鍵盤は、黒鍵が2つの部分と3つの部分が交互に配置されていますが、こちらは枯れ木を間にはさむことで、その規則性をうまく表現しています。

     

    極限にシンプルなグランドピアノのロゴデザイン

    こちらのロゴは、鍵盤が極限まで意匠化されていますが、グランドピアノの特徴的な曲線が表現されているのでピアノだと認識するのはたやすいのではないでしょうか?シンプルなロゴデザインも、唯一無二の特徴をとらえることによって、的確な表現が可能になるといういい例といえます。ちなみにグランドピアノの独特な形状は、すべての音で最適な響きを得られるようにするためのもの。ピアノの響きを決定づける、設計の要ともいえるものです。

    ピアノやヴァイオリンといった楽器は、鍵盤の色や弦の本数など、資料をよく見てデザインを決めないと専門家から違いを指摘されてしまうことも。どこまで意匠化するか、それがデザイナーの腕の見せ所です。

     


    「デザインインスピレーション」のコーナーでは、世界中のロゴデザインやブランディング事例をピックアップして紹介しています。企業ロゴ・ブランドロゴなどの用途は問わず、荒削りでも着眼点やアイデアが面白いものはピックアップしています。

    ロゴ作成の依頼・制作料金について
    ロゴデザインの作成・提案事例へ


    1. TOP
    2. ロゴ作成のアイデア&インスピレーション
    3. ピアノの鍵盤を用いたロゴ作成例 -#075

    ロゴデザインのLOGOLO™へようこそ!

    LOGOLOのロゴ

    ロゴ制作はLOGOLOにお任せください!

    ご予算に応じたプランで、リーズナブルにロゴマークの作成が可能です。企業から個人の方まで幅広くご利用いただいており、業種を問わず、様々な企業ロゴ・ブランドロゴ等の制作に対応しています。プロのデザイナーが作成するロゴマークをお求めやすい価格で!

    制作のお見積もり・ご依頼はお気軽に!

    為になるデザイン情報発信中

    ロゴデザインのコラム

    ssl2

    カード決済対応

    ©LOGOLO

    ■デザイン・記事内容はLOGOLO又は第三者に帰属します。
    ■デザインの参考画像としてのご利用や、メディアなどへの掲載を希望される方は、お問合せフォームよりご連絡ください。
    ※画像はイメージです。実際の情報と異なる場合がございます。
    ページ上部へ戻る



    事業概要

    ご利用規約

    LOGOLO™では、企業やブランドなどのロゴ制作を行っています。お気軽にお問い合わせください。