記事の詳細

バルーンをモチーフにしたロゴデザイン作成例 -#072

  • 2018.01.20

  • ロゴデザインインスピレーション72

    バルーンは「風船」と「気球」、2つの意味をもちますが、どちらもファンタジックなモチーフとして、ロゴによく用いられています。商品やサービスが風に乗り、どこまでも飛んで行ってたくさんの人に見てもらえるように‥‥という思いが込められているのかもしれません。そんなバルーンモチーフのロゴデザインをまとめました。

    風船とパンダを組み合わせたロゴデザイン

    Mardika Hadrianさん(@mh.grphc)がシェアした投稿 –

    ハート型の大きな風船に片手でつかまり、ゆらりと浮いているパンダ。空を飛んでいるとずんぐりむっくりのパンダがいつ手を離してしまうかとハラハラしてしまいそうですが、地面らしき影が描かれているので、地上の近くにプカプカと浮かんでいるようです。パンダは無表情ですが、風船も風船の紐も、すべてが丸みを帯びたやさしいフォルムで、穏やかな印象です。

     

    空を漂う気球のロゴデザイン

    背景に描かれた雲が、高い空を飛んでいるイメージです。濃いグリーンとブルーは、地球をイメージさせる自然派なカラーリング。平面に描かれていますが、のっぺりとした印象にならないのは白い余白を多めにとっているためでしょう。

     

    クラシカルな気球のロゴマーク作成例

    MashaTattooさん(@mashatattoo)がシェアした投稿

    遠い異国を描いた冒険譚の挿絵に描かれていそうな、クラシカルな気球ロゴ。地面につながれて、空に飛び出す瞬間を待っています。地面につなぎとめておくための砂袋や、気球と乗車部をつなぐロープなど、ディテールが描きこまれているのが特徴。あざやかな朱色も浪漫たっぷりです。

    ファンシーなロゴ、ナチュラルで現代的なデザイン、伝統を感じさせる古き良きデザインと、バルーンモチーフはさまざまなものへ展開できます。オンラインサービスのロゴに用いても、遠くまでサービスを届ける気持ちがあらわせる、意表をつくロゴになるかもしれませんね。

     


    「デザインインスピレーション」のコーナーでは、世界中のロゴデザインやブランディング事例をピックアップして紹介しています。企業ロゴ・ブランドロゴなどの用途は問わず、荒削りでも着眼点やアイデアが面白いものはピックアップしています。

    ロゴ作成の依頼・制作料金について
    ロゴデザインの作成・提案事例へ


    1. TOP
    2. ロゴ作成のアイデア&インスピレーション
    3. バルーンをモチーフにしたロゴデザイン作成例 -#072

    ロゴデザインのLOGOLO™へようこそ!

    LOGOLOのロゴ

    ロゴ制作はLOGOLOにお任せください!

    ご予算に応じたプランで、リーズナブルにロゴマークの作成が可能です。企業から個人の方まで幅広くご利用いただいており、業種を問わず、様々な企業ロゴ・ブランドロゴ等の制作に対応しています。プロのデザイナーが作成するロゴマークをお求めやすい価格で!

    制作のお見積もり・ご依頼はお気軽に!

    為になるデザイン情報発信中

    ロゴデザインのコラム

    ssl2

    カード決済対応

    ©LOGOLO

    ■デザイン・記事内容はLOGOLO又は第三者に帰属します。
    ■デザインの参考画像としてのご利用や、メディアなどへの掲載を希望される方は、お問合せフォームよりご連絡ください。
    ※画像はイメージです。実際の情報と異なる場合がございます。
    ページ上部へ戻る



    事業概要

    ご利用規約

    LOGOLO™では、企業やブランドなどのロゴ制作を行っています。お気軽にお問い合わせください。