記事の詳細

ウサギがモチーフのロゴデザイン作成例 -#070

  • 2018.01.18

  • ロゴデザインインスピレーション70

    ペットとしても人気のウサギ。西洋においては多産や豊穣の象徴として、イースターの時期などによくキャラクターが用いられています。神話の世界では自ら火に入り、仙人にその身を差し出したエピソードから献身の象徴として崇められてきました。月にウサギが住んでいるという伝承も、この自己犠牲と善行のために月へと送られたことからきています。 古今東西で愛されるウサギのロゴデザインをまとめました。

     

    編棒とウサギを組み合わせたロゴデザイン

    毛糸を編む編棒とウサギを組み合わせたデザインです。垂れ耳のウサギはロップイヤーと呼ばれ、人工的につくられた種もいます。ペットとしても人気の種類なので、家庭的なイメージの編み物にぴったりとモチーフですね。

     

    ウサギのジャンプ力を表現したロゴ作成例

    Logo Forestさん(@logoforest)がシェアした投稿


    こちらはブルー系でまとめたシルエットデザインのロゴです。1番目のかわいらしいイメージとは違い、ウサギの体を意匠化し、跳躍力や躍動感を強調しています。ウサギは天敵が多く、逃げ足の速い動物としても知られています。そのため、速さの象徴として見られることもあるとか。スポーティな中で、丸い尻尾がアクセントになっています。

     

    帽子をかぶったウサギのクラシカルなロゴデザイン

    ピーターラビットの絵本を思わせる、クラシカルな雰囲気のロゴデザインです。帽子にきちんと長い耳が表現されているのがポイント。全体を薄い茶色一色で構成していますが、細い線で描かれていること、比較的明るめの茶色であることから暗いイメージはありません。

    さまざまなシンボルとして人気のウサギは、身体能力、見た目のかわいらしさ、どれをクローズアップさせるかで多様な展開が考えられます。ウサギにあやかりたいという企業やサービスも多いのではないでしょうか。

     


    「デザインインスピレーション」のコーナーでは、世界中のロゴデザインやブランディング事例をピックアップして紹介しています。企業ロゴ・ブランドロゴなどの用途は問わず、荒削りでも着眼点やアイデアが面白いものはピックアップしています。

    ロゴ作成の依頼・制作料金について
    ロゴデザインの作成・提案事例へ


    1. TOP
    2. ロゴ作成のアイデア&インスピレーション
    3. ウサギがモチーフのロゴデザイン作成例 -#070

    ロゴデザインのLOGOLO™へようこそ!

    LOGOLOのロゴ

    ロゴ制作はLOGOLOにお任せください!

    ご予算に応じたプランで、リーズナブルにロゴマークの作成が可能です。企業から個人の方まで幅広くご利用いただいており、業種を問わず、様々な企業ロゴ・ブランドロゴ等の制作に対応しています。プロのデザイナーが作成するロゴマークをお求めやすい価格で!

    制作のお見積もり・ご依頼はお気軽に!

    為になるデザイン情報発信中

    ロゴデザインのコラム

    ssl2

    カード決済対応

    ©LOGOLO

    ■デザイン・記事内容はLOGOLO又は第三者に帰属します。
    ■デザインの参考画像としてのご利用や、メディアなどへの掲載を希望される方は、お問合せフォームよりご連絡ください。
    ※画像はイメージです。実際の情報と異なる場合がございます。
    ページ上部へ戻る



    事業概要

    ご利用規約

    LOGOLO™では、企業やブランドなどのロゴ制作を行っています。お気軽にお問い合わせください。