記事の詳細

ペンギンをモチーフとしたロゴデザイン制作例 -#066

  • 2018.01.14

  • ロゴデザインインスピレーション66

    「飛べない鳥」としても知られるペンギンは、ヒレ状の短い羽と、もこもこした胴体に隠れた足がかわいらしく、水族館の人気者。その一方で白と黒のボディが燕尾服をイメージさせ、バットマンの悪役のモチーフにもなりました。米国では実在のゲイカップルペンギンの子育てにインスピレーションを受けた絵本『タンタンタンゴはパパ二人』が大きな話題を呼んでいるようです。 そんな多様なイメージをもつペンギンのロゴデザイン作成例をまとめました。

     

    一筆書きで描かれたペンギンのロゴデザイン

    Jack Greenさん(@jgee2_)がシェアした投稿

    太く力強い線で描かれたペンギンはかなり意匠化されていますが、くちばしや短い翼、大きな足といったポイントがしっかりと表現されています。余計な情報をあえて削ぎ落とすことで、スタイリッシュな印象なロゴに仕上がっています。

     

    立体的に表現したペンギンのロゴデザイン

    こちらのペンギンは、直立した姿に影をつけています。足元の白色にもわずかに隆起が見られるので、雪原に立っているようなイメージでしょうか。足場に隠れている構図なので足は見えませんが、短い翼と水中で魚をとらえるための長いくちばしがこちらのロゴデザインでも強調されています。

     

    たまご型のペンギンのロゴマーク

    Amal Attiyaさん(@amalattiya)がシェアした投稿

    先に挙げた2つのロゴとは大きく違っているのが、このロゴデザインです。たまごのような楕円形のフォルムにデフォルメしており、正面を描いているのでくちばしがありません。また短い翼はありますが、足は置物の台のような形状で表現されています。SNSのアイコンとしても視認性が高そうなデザインといえるでしょう。

    ペンギンは、くちばしと翼がトレードマークのように感じられますが、3番目のロゴデザインのように、くちばしのないデザインでもペンギンをあらわすことは可能です。普遍的な特徴をすべて強調すると、類似のロゴとかなり似てしまうこともあるので、デザインするにあたっては注意が必要なのではないでしょうか。

     


    「デザインインスピレーション」のコーナーでは、世界中のロゴデザインやブランディング事例をピックアップして紹介しています。企業ロゴ・ブランドロゴなどの用途は問わず、荒削りでも着眼点やアイデアが面白いものはピックアップしています。

    ロゴ作成の依頼・制作料金について
    ロゴデザインの作成・提案事例へ


    1. TOP
    2. ロゴ作成のアイデア&インスピレーション
    3. ペンギンをモチーフとしたロゴデザイン制作例 -#066

    ロゴデザインのLOGOLO™へようこそ!

    LOGOLOのロゴ

    ロゴ制作はLOGOLOにお任せください!

    ご予算に応じたプランで、リーズナブルにロゴマークの作成が可能です。企業から個人の方まで幅広くご利用いただいており、業種を問わず、様々な企業ロゴ・ブランドロゴ等の制作に対応しています。プロのデザイナーが作成するロゴマークをお求めやすい価格で!

    制作のお見積もり・ご依頼はお気軽に!

    為になるデザイン情報発信中

    ロゴデザインのコラム

    ssl2

    カード決済対応

    ©LOGOLO

    ■デザイン・記事内容はLOGOLO又は第三者に帰属します。
    ■デザインの参考画像としてのご利用や、メディアなどへの掲載を希望される方は、お問合せフォームよりご連絡ください。
    ※画像はイメージです。実際の情報と異なる場合がございます。
    ページ上部へ戻る



    事業概要

    ご利用規約

    LOGOLO™では、企業やブランドなどのロゴ制作を行っています。お気軽にお問い合わせください。