記事の詳細

映画フィルムをモチーフにしたロゴデザイン -#048

  • 2017.12.25

  • ロゴデザインインスピレーション48

    CGを使った映画が当たり前になり、完パケがディクス1枚に収まるデータになったとしても、今なお映画のアイコンとして多くの人に認識されている「フィルム」。レトロでおしゃれなフィルムモチーフのロゴをまとめました。

     

    ミイラ男をあらわしたロゴデザイン作成例

    Sava Stoicさん(@savastoic)がシェアした投稿

    フィルムを包帯代わりにぐるぐる巻いたミイラ男のデザイン。ミイラ男は、ドラキュラやフランケンシュタイン、狼男と並ぶホラー映画のアイコンです。CGのない時代は、アクターが包帯を巻くだけで恐怖感を演出できる、いわゆる表現しやすい怪人だったのではないでしょうか。ロゴになると、どことなくユーモラスな表情も。

     

    撮影カメラのロゴデザイン

    「アクション!」という監督の大きな声が聞こえてきそうなロゴです。グラフィカルで躍動感あふれるデザインは、ブラウンやモスグリーンといった色でまとめているためにややレトロな印象も。カメラはやや頭でっかちにデフォルメされて描かれていて、それが勢いのあるイメージにつながっています。

     

    カメラ男風のロゴデザイン

    kumamonさん(@kumamon.graphic)がシェアした投稿

    盗撮、違法ダウンロードの防止啓発キャラクターを彷彿とさせる、フィルムカメラの擬人化ロゴデザインです。スーツのポケットにハンカチーフをさす小粋なビジュアルがクラシカル。2番目のロゴよりも小型な8ミリカメラを用いていることで、インデペンデント系、ミニシアター系のサブカルな雰囲気も出ています。

    レンタルDVDやデータ配信によって、自宅でもかんたんに視聴できるようになった映画。登場した当初から庶民の娯楽としてさまざまな作品が世に送り出されてきました。DVDが当たり前になっても、ロゴデザインとしてはフィルムが根強い人気。これからも映画の代名詞として大活躍するのではないでしょうか。

     


    「デザインインスピレーション」のコーナーでは、世界中のロゴデザインやブランディング事例をピックアップして紹介しています。企業ロゴ・ブランドロゴなどの用途は問わず、荒削りでも着眼点やアイデアが面白いものはピックアップしています。

    ロゴ作成の依頼・制作料金について
    ロゴデザインの作成・提案事例へ


    1. TOP
    2. ロゴ作成のアイデア&インスピレーション
    3. 映画フィルムをモチーフにしたロゴデザイン -#048

    ロゴデザインのLOGOLO™へようこそ!

    LOGOLOのロゴ

    ロゴ制作はLOGOLOにお任せください!

    ご予算に応じたプランで、リーズナブルにロゴマークの作成が可能です。企業から個人の方まで幅広くご利用いただいており、業種を問わず、様々な企業ロゴ・ブランドロゴ等の制作に対応しています。プロのデザイナーが作成するロゴマークをお求めやすい価格で!

    制作のお見積もり・ご依頼はお気軽に!

    為になるデザイン情報発信中

    ロゴデザインのコラム

    ssl2

    カード決済対応

    ©LOGOLO

    ■デザイン・記事内容はLOGOLO又は第三者に帰属します。
    ■デザインの参考画像としてのご利用や、メディアなどへの掲載を希望される方は、お問合せフォームよりご連絡ください。
    ※画像はイメージです。実際の情報と異なる場合がございます。
    ページ上部へ戻る



    事業概要

    ご利用規約

    LOGOLO™では、企業やブランドなどのロゴ制作を行っています。お気軽にお問い合わせください。