記事の詳細

日本語を用いたロゴデザイン作成例 -#046

  • 2017.12.24

  • ロゴデザインインスピレーション46

    日本語をロゴに取り入れる場合、ひらがなを使うか、漢字を使うか、はたまた海外でも読まれるようにローマ字表記を入れるかという選択肢が生じます。特に、漢字はタイポグラフィとして用いると識別が難しいくらいに崩れてしまうケースもあり、うまく配置するのはなかなか厄介です。今回は、日本語での構成に成功しているロゴデザインをまとめました。

     

    家紋のようなロゴと文字を組み合わせたデザイン

    食堂と民宿を経営する店舗のロゴです。家紋のようなシンプルなマークのために、漢字、ひらがな、ローマ字(アルファベット)が一緒に並んでいてもごちゃごちゃしていません。ロゴマークがかっちりしているのに対して、手書き文字のようなフォントがやわらかさを添えています。

     

    卵を中央にして文字を両脇に配置したデザイン

    BTTB inc.さん(@bttb_inc)がシェアした投稿

    プリンのパッケージアイデア。右上の「たまごプリン」というフォントはやわらかさを感じますが、墨痕が清々しい印象のある左下の漢字「迫」は、勢いがありながら凛とした佇まい。漢字の読みをアルファベット表記していますが、控えめな配置が上品なイメージです。

     

    かんなをタイポグラフィ化したロゴデザイン

    こちらも、漢字とひらがなが混在する店名の下に、アルファベットでローマ字読みを配置したデザインです。ロゴマークは「登」の漢字を意匠化したもの。見てすぐに「かんな」と分かる視認性と、隠された「登」の文字を見つけた時の楽しさがあり、パッケージデザインとしても展開できそうなロゴといえるでしょう。

    アルファベットはもちろんですが、漢字やひらがなは、フォントによってがらりと印象が変わる文字です。それらをうまく組み合わせることによって、さまざまなイメージを織り込んだロゴデザイン作成が可能になるのではないでしょうか。

     


    「デザインインスピレーション」のコーナーでは、世界中のロゴデザインやブランディング事例をピックアップして紹介しています。企業ロゴ・ブランドロゴなどの用途は問わず、荒削りでも着眼点やアイデアが面白いものはピックアップしています。

    ロゴ作成の依頼・制作料金について
    ロゴデザインの作成・提案事例へ


    1. TOP
    2. ロゴ作成のアイデア&インスピレーション
    3. 日本語を用いたロゴデザイン作成例 -#046

    ロゴデザインのLOGOLO™へようこそ!

    LOGOLOのロゴ

    ロゴ制作はLOGOLOにお任せください!

    ご予算に応じたプランで、リーズナブルにロゴマークの作成が可能です。企業から個人の方まで幅広くご利用いただいており、業種を問わず、様々な企業ロゴ・ブランドロゴ等の制作に対応しています。プロのデザイナーが作成するロゴマークをお求めやすい価格で!

    制作のお見積もり・ご依頼はお気軽に!

    為になるデザイン情報発信中

    ロゴデザインのコラム

    ssl2

    カード決済対応

    ©LOGOLO

    ■デザイン・記事内容はLOGOLO又は第三者に帰属します。
    ■デザインの参考画像としてのご利用や、メディアなどへの掲載を希望される方は、お問合せフォームよりご連絡ください。
    ※画像はイメージです。実際の情報と異なる場合がございます。
    ページ上部へ戻る



    事業概要

    ご利用規約

    LOGOLO™では、企業やブランドなどのロゴ制作を行っています。お気軽にお問い合わせください。