記事の詳細

ロゴデザインのプロセス・制作過程について

  • 2016.12.22

  • ロゴ制作における過程は様々です。手を動かしている中で発見があったり、全く別のことをしている時にアイデアを閃いたり…今回は、LOGOLOでデザインしたロゴの一例をピックアップし、どのようにロゴマークが完成形まで到達するのかを順を追って紹介したいと思います。なるべくシンプルな例をピックアップしました。

     

    ■フォント(書体)選び

    ロゴのベースとなる書体

    ベースとなるフォント選びはとても大切です。書体の持つイメージを捉え、サービスやブランドに合った書体をチョイスします。今回はデザインに関するWEBマガジンですので、書体自体のクセはなるべく無いものを選択しました。

     

    並べるだけだと、ロゴ!という感じがしないので、レイアウトを変えてみます。

    うん。これを土台にロゴを考えてみましょう。

     

    ■頭を柔軟にしよう

    次に、デザイン的に面白くなりそうな所を探してみます。

    ・ひっくり返してみてはどうか?

    ・反復する所(リズム)や共通点はないか?

    ・省略・繋げられそうな所はないか?

     

    共通ポイントやデザイン要素に使えそうな箇所が見えてきました。単純化するというのは、シンプルなロゴ作りの第一歩です。

    ライン(青)と合わせて、反転したDを小文字の「d」にすることにしました。ピンクの部分は、結合できそうですね。

     

    無駄な要素を削り、グッとロゴらしくなってきました。Lが他の斜めラインから少し浮いているので、それをさらに調整します。

     

    全体を微調整して、完成です!


    共感いただけましたら、いいね!シェアいただけますと幸いです。

    1. TOP
    2. ロゴデザインのコラム/ブログ
    3. ロゴデザインのプロセス・制作過程について

    ロゴデザインのLOGOLO™へようこそ!

    LOGOLOのロゴ

    ロゴ制作はLOGOLOにお任せください!

    ご予算に応じたプランで、リーズナブルにロゴマークの作成が可能です。企業から個人の方まで幅広くご利用いただいており、業種を問わず、様々な企業ロゴ・ブランドロゴ等の制作に対応しています。プロのデザイナーが作成するロゴマークをお求めやすい価格で!

    制作のお見積もり・ご依頼はお気軽に!

    為になるデザイン情報発信中

    ロゴデザインのコラム

    ssl2

    カード決済対応

    ©LOGOLO

    ■デザイン・記事内容はLOGOLO又は第三者に帰属します。
    ■デザインの参考画像としてのご利用や、メディアなどへの掲載を希望される方は、お問合せフォームよりご連絡ください。
    ※画像はイメージです。実際の情報と異なる場合がございます。
    ページ上部へ戻る



    事業概要

    ご利用規約

    LOGOLO™では、企業やブランドなどのロゴ制作を行っています。お気軽にお問い合わせください。