記事の詳細

トリックアート風ロゴデザイン -#010

  • 2017.12.03

  • ロゴデザインインスピレーション10

    そこにないものをあるようにみせたり、みる角度によって違うものが浮かび上がってきたり‥‥だまし絵は万人の好奇心を刺激します。たとえば、猫や人、果物などを寄せ集めて人の顔を描くといった「寄せ絵」の技法は、西洋のアルチンボイドにも、日本の浮世絵にも見受けられる画法。また、有名な絵に「うさぎにも鳥にもみえるだまし絵」というものもあります。ロゴの世界にも、トリックアート的なデザインを見つけました。

     

    犬と猫を組み合わせたロゴ

    Diconk Coperさん(@diconkcoper)がシェアした投稿 –

    一見すると「鎧をかぶった犬」のようにみえるロゴですが、よくみると犬の頭に猫がしがみついています。犬の戦闘的な赤い目、長くデフォルメされた猫の前足、瞳とは分かりづらい猫の細い目といった要素が、このトリックアート風デザインを成功させています。

     

    小鳥と「B」を組み合わせたロゴ

    小鳥だけをモチーフにしたロゴのようにみえますが、波打つアルファベットの「B」が重ねられています。鳥(Bird)の頭文字でもあるので、二重、三重に意味を重ねているとも解釈できるクールなロゴです。

     

    鹿と月を組み合わせたロゴ

    トリックアートを難しく考える必要はありません。このようにシンプルな構図も魅力的です。鹿の角と月が組み合わさったデザインですが、角が円を描くような曲線にデフォルメされていて、整然とした美しさがあります。鹿に月は普遍的な構図といえますが、色の切り替えや角の意匠化によって、スタイリッシュな印象になります。ダブルミーニング的な面白さはありませんが、動物ロゴではなく模様風にみえるところがポイント。

    こうしたトリックアート風のロゴデザインは、ジョークのようなもの。うまくいけばみる人に洒落っ気を感じさせることができますが、あまりに独りよがりで難解なデザインは興ざめしてしまうことも。熟考が必要な上級者向けロゴデザインです。

     


    「デザインインスピレーション」のコーナーでは、世界中のロゴデザインやブランディング事例をピックアップして紹介しています。企業ロゴ・ブランドロゴなどの用途は問わず、荒削りでも着眼点やアイデアが面白いものはピックアップしています。

    ロゴ作成の依頼・制作料金について
    ロゴデザインの作成・提案事例へ


    1. TOP
    2. ロゴ作成のアイデア&インスピレーション
    3. トリックアート風ロゴデザイン -#010

    ロゴデザインのLOGOLO™へようこそ!

    LOGOLOのロゴ

    ロゴ制作はLOGOLOにお任せください!

    ご予算に応じたプランで、リーズナブルにロゴマークの作成が可能です。企業から個人の方まで幅広くご利用いただいており、業種を問わず、様々な企業ロゴ・ブランドロゴ等の制作に対応しています。プロのデザイナーが作成するロゴマークをお求めやすい価格で!

    制作のお見積もり・ご依頼はお気軽に!

    為になるデザイン情報発信中

    ロゴデザインのコラム

    ssl2

    カード決済対応

    ©LOGOLO

    ■デザイン・記事内容はLOGOLO又は第三者に帰属します。
    ■デザインの参考画像としてのご利用や、メディアなどへの掲載を希望される方は、お問合せフォームよりご連絡ください。
    ※画像はイメージです。実際の情報と異なる場合がございます。
    ページ上部へ戻る



    事業概要

    ご利用規約

    LOGOLO™では、企業やブランドなどのロゴ制作を行っています。お気軽にお問い合わせください。