記事の詳細

動きを感じるスタイリッシュなロゴマーク -#006

  • 2017.11.29

  • ロゴデザインインスピレーション6

    ロゴは、静止画です。プロモーション動画などで動きを演出することは可能ですが、基本的には購入した商品についていたり、看板やショップカードに載っている「目印」としての役割を果たすもの。しかし、デザイン次第でさまざまな動きを想起させることができます。上下、左右、いろいろな動きを感じるロゴをピックアップしました。

     

    スピード感のあるロゴデザインのビフォー&アフター

    Logo Newさん(@logonew)がシェアした投稿

    BeforeとAfterの2種類のロゴを並べ、「どっちがいいと思う?」とフォロワーに問いかけています。Before(左のロゴ)を推す声が圧倒的に多いようですが、確かにスピード感、スポーティな印象を受けるのは左側のBeforeでしょう。「1」のかすれたような描写が疾走感を演出しています。

     

    上下運動を感じさせるロゴデザイン

    最初のロゴが左から右へ走り抜けるような横移動のデザインとするならば、こちらは上下に揺れ動いているような、浮遊感のあるデザインです。フューシャピンク、モーヴ、バイオレットといったニュアンスカラーがテクノ風。トライアングルのサイズはすべて同じではなく、上から中・大・小と不規則に並んでいます。クラブイベントのプロジェクションマッピングに登場しそうなスタイリッシュ・デザインです。

     

    アニメーションのような動きを感じられるデザイン

    AVJ DESIGN STUDIOさん(@avjdesignstudio)がシェアした投稿 –

    上記2つよりもアニメっぽい動きが想像できるのがこのロゴです。「STAY」の「Y」からにゅるんと飛び出してきたような人型がユーモラス。「STAY」の文字と同じようにグラデーションをかけることで、立体的かつまとまりのあるデザインに仕上げています。

     

    疾走感、浮遊感、アニメっぽさ。「動き」を魅せるには、見た人にどのような動きを印象づけたいかをまず決めておくことが大切です。トロンプイユ(だまし絵)的な絵画のテクニックも参考にできそうですね。

     


    「デザインインスピレーション」のコーナーでは、世界中のロゴデザインやブランディング事例をピックアップして紹介しています。企業ロゴ・ブランドロゴなどの用途は問わず、荒削りでも着眼点やアイデアが面白いものはピックアップしています。

    ロゴ作成の依頼・制作料金について
    ロゴデザインの作成・提案事例へ


    1. TOP
    2. ロゴ作成のアイデア&インスピレーション
    3. 動きを感じるスタイリッシュなロゴマーク -#006

    ロゴデザインのLOGOLO™へようこそ!

    LOGOLOのロゴ

    ロゴ制作はLOGOLOにお任せください!

    ご予算に応じたプランで、リーズナブルにロゴマークの作成が可能です。企業から個人の方まで幅広くご利用いただいており、業種を問わず、様々な企業ロゴ・ブランドロゴ等の制作に対応しています。プロのデザイナーが作成するロゴマークをお求めやすい価格で!

    制作のお見積もり・ご依頼はお気軽に!

    為になるデザイン情報発信中

    ロゴデザインのコラム

    ssl2

    カード決済対応

    ©LOGOLO

    ■デザイン・記事内容はLOGOLO又は第三者に帰属します。
    ■デザインの参考画像としてのご利用や、メディアなどへの掲載を希望される方は、お問合せフォームよりご連絡ください。
    ※画像はイメージです。実際の情報と異なる場合がございます。
    ページ上部へ戻る



    事業概要

    ご利用規約

    LOGOLO™では、企業やブランドなどのロゴ制作を行っています。お気軽にお問い合わせください。