記事の詳細

レトロ感のあるロゴデザインたち -#005

  • 2017.11.28

  • ロゴデザインインスピレーション5

    レトロ(Retro)は、回顧的/懐古的(Retrospective)の略語。物事の良し悪しに関わらず「昔はよかった‥‥」と懐かしむことですが、日本ではもっぱら「古いもののように見せるデザイン」や「昔風に見えるデザイン」の意味で使われています。今回は、どこか懐かしい雰囲気の漂うロゴをご紹介します。

     

    パンケーキをテーマにしたマリン風ロゴデザイン

    LOGAZE ®さん(@logoaze)がシェアした投稿

    ネイビー×レッドの組み合わせがマリン風なロゴです。文字カラーをホワイトとベージュの2色にしているところが、抜け感を演出するポイント。上部には、農民と労働者の団結を表したソ連共産党のシンボルマーク「鎌と槌」が、下部には同じく共産主義の象徴である「赤い星」があしらわれています。

     

    自転車とスイーツがレトロな組み合わせのデザイン

    木目調を背景に、自転車と自転車に載ったスイーツが配されています。まるで古きよき街の波止場にあるアイススタンドを思わせるレトロなデザイン。2種類のフォントは、どちらもクラシカルな印象です。背景にバラ模様の壁紙を思わせるパターンが重ねられているのも、おしゃれなポイント。

     

    時計ブランドのためのナチュラルでレトロなロゴデザイン

    時計ブランド「Lengas」のために製作されたロゴ。売れた時計の分だけ植林をおこなうという取り組みに着想を得たとデザイナーがコメントしています。ゴム判子をぎゅっと押したような、シンプルで実直な印象を受けるロゴです。

     

    一口に「レトロ」といっても、どの時代に焦点を合わせるかが大切です。懐古趣味的な未来像をあらわす「レトロフューチャー」という言葉もあり、こちらはスチームパンクなどとも共通点がある未来的な要素が欠かせません。 時代のどこをどう切り取って表現するかはデザイナー次第。可能性の広がるロゴデザインです。

     


    「デザインインスピレーション」のコーナーでは、世界中のロゴデザインやブランディング事例をピックアップして紹介しています。企業ロゴ・ブランドロゴなどの用途は問わず、荒削りでも着眼点やアイデアが面白いものはピックアップしています。

    ロゴ作成の依頼・制作料金について
    ロゴデザインの作成・提案事例へ


    1. TOP
    2. ロゴ作成のアイデア&インスピレーション
    3. レトロ感のあるロゴデザインたち -#005

    ロゴデザインのLOGOLO™へようこそ!

    LOGOLOのロゴ

    ロゴ制作はLOGOLOにお任せください!

    ご予算に応じたプランで、リーズナブルにロゴマークの作成が可能です。企業から個人の方まで幅広くご利用いただいており、業種を問わず、様々な企業ロゴ・ブランドロゴ等の制作に対応しています。プロのデザイナーが作成するロゴマークをお求めやすい価格で!

    制作のお見積もり・ご依頼はお気軽に!

    為になるデザイン情報発信中

    ロゴデザインのコラム

    ssl2

    カード決済対応

    ©LOGOLO

    ■デザイン・記事内容はLOGOLO又は第三者に帰属します。
    ■デザインの参考画像としてのご利用や、メディアなどへの掲載を希望される方は、お問合せフォームよりご連絡ください。
    ※画像はイメージです。実際の情報と異なる場合がございます。
    ページ上部へ戻る



    事業概要

    ご利用規約

    LOGOLO™では、企業やブランドなどのロゴ制作を行っています。お気軽にお問い合わせください。