記事の詳細

パリのデザイナーによる、日常に溶け込む調和のとれたロゴデザインたち

  • 2017.12.01

  • 日常に溶け込む調和のとれたロゴデザインたち

    本日はパリのデザイナー、Ghassen KADRI 氏のロゴフォリオをご紹介します。 芸術の都市であるパリで生み出され、現地に息づくデザインはどのようなものか、さっそく見ていきましょう。※記事掲載はデザイナーの許諾を得ています。(Thank you, Ghassen ! )


    モノクロの洗練されたロゴデザイン作成例

    ボックス型ロゴデザイン

    セリフと呼ばれる装飾のついたローマン体を用いた、ボックス型ロゴです。 本来であれば、正方形のボックスの上にわずか3文字をレイアウトする、ポップで単調になりがちな組み合わせ。 それをあえて小文字のローマン体という装飾的なフォントを選ぶことで、ぐっと印象的に仕上げています。

     

    紋章風のロゴデザイン

    紋章からインスピレーションを受けたと思われるデザインを、均一のストロークで表現したロゴ。 本来の紋章の持ちうる華美さを、現代的で気取らないフラットデザインに昇華しています。

    香りをイメージしたロゴタイプ

    ラインの省略が印象的なロゴで事案です。 読んで字のごとく、という言葉がありますが、目にしてその字のごとく、一瞬にしてすっと空間に溶け込んで消えてゆくアロマ。 その雰囲気と、不思議な残り香の存在感、そしてどこかエキゾチックなイメージが見事に表現されています。

    いずれも白地に黒で表現され、一見控えめでありながら洗練されたロゴたちは、どこにあしらっても全体のまとまりを損なうことなく、そのブランドイメージを明確に演出する事でしょう。

     

    繊細さを華奢なロゴタイプで表現

    香水ブランドのロゴマーク

    軽やかながら、匂い立つようなセクシーさと上品さを両立した女性に相応しい、コスメティックブランド”LUSH”のロゴ。 華奢すぎるほどの字体ですが、その華奢さがかえって硬質な印象を抱かせず、女性的かつ優美にまとまっています。 銀箔のようなメタリックさで表現することにより、まるで上質なアクセサリーのように、さりげなくも確かな存在感がキラリと輝きます。

     

    デフォルメが絶妙な動物モチーフのロゴデザインたち

    魚モチーフのロゴデザイン ペリカンのロゴ 狐のロゴデザイン カンガルーのロゴ

    動物モチーフのロゴも粒が揃っています。 魚屋・寿司バー・ホテル・コーヒーショップとその展開は様々ですが、いずれのデザインも動物たちは適度にデフォルメされ、ロゴの一部となっています。 ひとつひとつを見ていくと、全体の調和がとれており、制作者が文字とモチーフの複合されたデザインもフラットにまとめる技術を持った人物であることがうかがえます。

    “Kangaruu”は寿司を扱うお店らしく、白地の中央にある赤い円は、見ようによっては寿司のふるさとである日本の日の丸を連想することができ、目にした者を異国を彷彿とさせる店内へ誘うのではないでしょうか。

     

    植物をモチーフにしたロゴ制作例

    植物モチーフは、web2.0時代を思い起こさせるものからフラットデザインまで、視認性の高さを保ちながらも品良くまとまっています。

    エンドウ豆のロゴ

    “Sweet Pea”は一粒のエンドウ豆がモチーフのロゴです。 生まれたてで儚く小さく、それでいて限りない可能性を秘めた、愛らしい赤ちゃんのような小さな種。 その丸みをおびた形状と母性を連想させるピンクの配色が、ベビーグッズのロゴに相応しい、ぬくもりや安心感を演出します。

    葉っぱのロゴ

    “Leafypedia”を見ると、制作者にはロゴに限らず、アイコンのオーダーにも対応していたことがわかります。 アプリアイコンはロゴデザインとは異なり、スマートフォンやタブレット上で一目でわかる存在感を放ちつつ、飽きのこない見た目に仕上げることが要求されますが、そういった要件を満たすデザインに仕上がっているのではないでしょうか。


    まとめ

    ポートフォリオなどに単体でまとめられたロゴというものは、それだけ見ると、もしかしたら物足りなく感じられるかも知れません。 ですが、Ghassen KADRI氏は、どういった状況でロゴが使用されるか―パッケージに印刷されて店頭に並ぶ姿や、看板になり街中に大きく掲示される姿など、その完成系の姿の調和をイメージした上で制作にあたっている印象を受けます。

    優れたデザインがあふれ返る街、パリにおいて、洗練されながらも主張しすぎることのないデザイン。 現地を訪れれば、実際に目にする事があるかも知れません。その時は、どのような印象を受けたか―今回web上で見た印象から、何か変化がなかったか、ぜひ確かめたい。そう感じさせられるデザインでした。 芸術の街に息づく、Ghassen KADRI氏のロゴのご紹介でした。

     

    design : Ghassen KADRI ( France )

     


    共感いただけましたら、いいね!シェアいただけますと幸いです。

    1. TOP
    2. ロゴデザインのコラム/ブログ
    3. 海外ロゴデザイナーの制作例紹介
    4. パリのデザイナーによる、日常に溶け込む調和のとれたロゴデザインたち

    ロゴデザインのLOGOLO™へようこそ!

    LOGOLOのロゴ

    ロゴ制作はLOGOLOにお任せください!

    ご予算に応じたプランで、リーズナブルにロゴマークの作成が可能です。企業から個人の方まで幅広くご利用いただいており、業種を問わず、様々な企業ロゴ・ブランドロゴ等の制作に対応しています。プロのデザイナーが作成するロゴマークをお求めやすい価格で!

    制作のお見積もり・ご依頼はお気軽に!

    為になるデザイン情報発信中

    ロゴデザインのコラム

    ssl2

    カード決済対応

    ©LOGOLO

    ■デザイン・記事内容はLOGOLO又は第三者に帰属します。
    ■デザインの参考画像としてのご利用や、メディアなどへの掲載を希望される方は、お問合せフォームよりご連絡ください。
    ※画像はイメージです。実際の情報と異なる場合がございます。
    ページ上部へ戻る



    事業概要

    ご利用規約

    LOGOLO™では、企業やブランドなどのロゴ制作を行っています。お気軽にお問い合わせください。