記事の詳細

カラフルでボタニカルなロゴデザインたち -#001

  • 2017.11.24

  • ロゴデザインインスピレーション

    植物が描かれたロゴは、ロハスなコスメや飲食店だけでなく、ウェディング用のデザインとしても好まれるなど、汎用性の高いデザイン。今回は、植物をあしらったロゴのなかでも、多色使いが印象的なロゴを紹介します。

     

    美容系商品のオリジナルマークデザイン事例

    10種の植物をすべて異なるカラーで配置していますが、アイテムが単純化されているのでうるさい印象はまったく感じません。サークル、スクウェア、ヘキサゴンなどシンプルな形を重ねることで絵柄をすっきり見せています。 はちみつやカカオ、グレープフルーツ、キャロットあたりは見当がつきますが、紫や赤の小さな実はいくつか可能性が考えられるため、さらに詳しく商品を見たくなります。美容系の商品は効能を見てから購入を決める女性が多数なので、手にとってもらえる確率が上がるデザインは重宝されそうです。

     

    ウェディング用のフローラルロゴ

    丸く、ぐるりと色とりどりの植物をあしらっているのは上のデザインと似ていますが、こちらは水彩風で流れを感じさせます。近くで見るのはもちろん、遠くから見ても清々しく華やかで、お祝いにふさわしい印象。中央に配置された新郎新婦の名前はダークブラウンが重くなりすぎないよう、バランスをとっています。新婦がもつブーケの花をあしらったりと、可能性が広がりそうな構図といえるでしょう。

     

    ベビー&キッズのヘッドドレスショップのロゴデザイン

    ボタニカルなデザインも、パステルカラーでまとめるとがらりと雰囲気が変わります。少女と子猫を囲む野の草花はグリーン、ブルー、パープル、ホワイト、ピンクなど細かく彩られていますが、全体のトーンを揃えることで落ち着いた印象に。ごちゃごちゃしがちな描き込まれたロゴですが、「mintette atelier floral」がきちんと浮かび上がってきます。

     

    多色使いといっても、形を単純化させたりトーンを揃えたりすることで、まったく印象の違うものになりますね。各色をバランスよく配置して、統一感をもたせるのがポイントといえそうです。

     


    「デザインインスピレーション」のコーナーでは、世界中のロゴデザインやブランディング事例をピックアップして紹介しています。企業ロゴ・ブランドロゴなどの用途は問わず、荒削りでも着眼点やアイデアが面白いものはピックアップしています。

    ロゴ作成の依頼・制作料金について
    ロゴデザインの作成・提案事例へ


    1. TOP
    2. ロゴのアイデア&インスピレーション
    3. カラフルでボタニカルなロゴデザインたち -#001

    ロゴデザインのLOGOLO™へようこそ!

    LOGOLOのロゴ

    ロゴ制作はLOGOLOにお任せください!

    ご予算に応じたプランで、リーズナブルにロゴマークの作成が可能です。企業から個人の方まで幅広くご利用いただいており、業種を問わず、様々な企業ロゴ・ブランドロゴ等の制作に対応しています。プロのデザイナーが作成するロゴマークをお求めやすい価格で!

    制作のお見積もり・ご依頼はお気軽に!

    為になるデザイン情報発信中

    ロゴデザインのコラム

    ssl2

    カード決済対応

    ©LOGOLO

    ■デザイン・記事内容はLOGOLO又は第三者に帰属します。
    ■デザインの参考画像としてのご利用や、メディアなどへの掲載を希望される方は、お問合せフォームよりご連絡ください。
    ※画像はイメージです。実際の情報と異なる場合がございます。
    ページ上部へ戻る
    事業概要

    ご利用規約

    LOGOLO™では、企業やブランドなどのロゴ制作を行っています。お気軽にお問い合わせください。