記事の詳細

傘をテーマにしたロゴデザイン制作例 -#084

  • 2018.01.26

  • 傘をテーマにしたロゴデザイン制作例

    傘のロゴがトレードマークのブランドといえば、アーノルドパーマー。ワンポイントデザインのシャツがトレンドアイテムだったこともあり、パラソルのようなカラフルな傘のロゴは「アーノルドパーマー」というブランド名より認知度が高いかもしれません。今回はそんな傘モチーフの中でも、クールでスタイリッシュな雰囲気のロゴ作成例をピックアップしました。

     

    困り顔の傘に赤い雨を描いたロゴデザイン

    黒い傘にマンガのような目が描かれたロゴデザインです。口は波線型、目の下には涙のような赤い雨が3滴。グレーの背景に黒い傘という取り合わせは、赤い雨が悪目立ちするように思えますが、赤の色味もおさえたダークカラーにすることで、全体のバランスをとっています。

     

    日本の番傘風のロゴデザイン

    竹でできた骨に和紙を貼った日本の番傘を思わせるデザインです。規則的に描かれた円はコマが回っているようにも見えますね。傘の持ち手部分に一本、地面をあらわす線が引かれているのがポイント。傘の浮遊感を完全に取り去り、安定感を与える構図におさめています。

     

    傘をシンプルに描いたロゴデザイン

    Fanpageさん(@fckn_bands)がシェアした投稿

    これぞ傘という奇をてらわないロゴデザインですが、持ち手部分がくるりと曲がっていないところにオリジナリティがあります。直立している姿は、ヤシの木のような巨木を彷彿とさせます。雨粒を規則的に配置してロゴ全体をひし形として構成しているところに注目。シンプルに見えるようバランスを計算して作成されています。

    カラフルなデザインも魅力的ですが、傘は暗く曇り、雨が降っている時に使うもの。ビーチパラソルのような明るいイメージとは一線を画すアイテムです。色をおさえたシンプルかつちょっと渋いデザインも、こうしたモチーフならではの描き方といえるのではないでしょうか。

     


    「デザインインスピレーション」のコーナーでは、世界中のロゴデザインやブランディング事例をピックアップして紹介しています。企業ロゴ・ブランドロゴなどの用途は問わず、荒削りでも着眼点やアイデアが面白いものはピックアップしています。

    ロゴ作成の依頼・制作料金について
    ロゴデザインの作成・提案事例へ


    1. TOP
    2. ロゴ作成のアイデア&インスピレーション
    3. 傘をテーマにしたロゴデザイン制作例 -#084

    ロゴデザインのLOGOLO™へようこそ!

    LOGOLOのロゴ

    ロゴ制作はLOGOLOにお任せください!

    ご予算に応じたプランで、リーズナブルにロゴマークの作成が可能です。企業から個人の方まで幅広くご利用いただいており、業種を問わず、様々な企業ロゴ・ブランドロゴ等の制作に対応しています。プロのデザイナーが作成するロゴマークをお求めやすい価格で!

    制作のお見積もり・ご依頼はお気軽に!

    為になるデザイン情報発信中

    ロゴデザインのコラム

    ssl2

    カード決済対応

    ©LOGOLO

    ■デザイン・記事内容はLOGOLO又は第三者に帰属します。
    ■デザインの参考画像としてのご利用や、メディアなどへの掲載を希望される方は、お問合せフォームよりご連絡ください。
    ※画像はイメージです。実際の情報と異なる場合がございます。
    ページ上部へ戻る



    事業概要

    ご利用規約

    LOGOLO™では、企業やブランドなどのロゴ制作を行っています。お気軽にお問い合わせください。