記事の詳細

繊細でロハス感溢れるカフェロゴデザインを制作しました。

  • 2013.11.14

  • カフェロゴデザイン

    細く有機的なラインで描かれたナチュラルなカフェのロゴデザインです。

    長く愛されてほしいという願いの元、斬新さよりも落ち着いた雰囲気を大切に制作しました。点在する葉っぱのモチーフが個性を彩りを添えるロゴデザインです。細いラインで構成されていながらも、全体的な存在感がしっかりと感じられます。

    カフェロゴデザイン

    自然をモチーフにしたエレガントなデザイン

    最近では至る所で見かけるようになったカフェですが、女性をターゲットにしている店舗も非常に増えています。一部の店舗を除いては、カフェで提供されるメニューは比較的似通っていますので、店内の雰囲気やその店のコンセプトを伝えられるようなロゴを作成しておくとお客様の興味を引きやすくなります。
    こちらのカフェは、美容や健康に気を付けている女性をターゲットにしてロゴマークを作成しています。メニューもコーヒーをはじめとする一般的なものをそろえているほかに、ハーブティーも充実させています。そのため、ロゴデザインでは目新しさやスタイリッシュさを前面に押し出すのではなく、落ち着いた空間を提供し、その雰囲気を好む人に長く愛される店でありたいという願いを表現しました。

    モノトーンでもカラーでも、個性的に見えるロゴに

    デザインの制作過程としては、比較的多く用いられている店名のアルファベットのアレンジです。しかし、全体的にラインを細くしていますので、繊細なイメージになっています。また、書体はブロック体のように硬い印象を与えず、かといって筆記体のように一目で読みづらい文字にもしておらず、適度に滑らかさや動きを感じながら、きちんとした印象を与えるように作られています。丸みのある文字で伸びやかさがあり、女性らしさを感じさせます。
    その一方で、文字の一部を長く伸ばし、まるで文字がつる草のように見せています。先端には2枚ずつ若葉のようなみずみずしい色のグリーンの葉がついており、ロハスな雰囲気を出しつつ自然で落ち着けるデザインに仕上げました。基本的に白地にブラックの文字だけという地味になりかねないロゴデザインですが、この文字のアレンジと唯一色づいている葉により、個性的でブランドとしての品格も感じさせる仕上がりになっています。
    色を付けることで若葉が引き立ちますが、看板などでブラックの背景にして、ロゴをシルバーやホワイト一色に変更すると、都会的で洗練された印象になります。この場合でも、葉の部分だけが着色面積が広くなりますので、意外と目立ってよいアクセントになります。上部には店舗名の頭文字2文字をアレンジしたシンボルがありますが、Bは左右反転させてバランスよく見せています。下の店名と同じロゴタイプを使用しているため、アレンジをしていてもすぐに頭文字を使っていると分かり、全体的な統一感が感じられます。大人の女性やシックで落ち着いた雰囲気を好む人に注目されやすいデザインです。

     

    ロゴマークに対する感想 

    インパクトが少ない分、飽きにくいと思います。

    「最近増えているカフェですが、比較的大きな駅であれば、かなり高い確率で存在しているでしょう。そんなカフェにもロゴデザインは用いられていますが、多くなっているのは文字に工夫を加えて、シンボルマークなどを用いない場合や、用いても小さめに記載することが多いと言えます。文字を丸くすることもあれば、文字と絵を一緒にしてしまう場合もあります。
    このロゴデザインの場合には、シンボルマークに頭文字を2つ用いています。ただ頭文字を記載するのではなく、文字から植物のツタが生えているような感じになっていますが、落ち着ける空間をアピールするためには最適だと言えるでしょう。店名のアルファベットからも、小さな植物の芽が出ているのですが、この小さな葉っぱも多くの人に好感を与えることができます。このようなちょっとした工夫ができるかどうかで、来店するお客の数にも影響が出ると言えるでしょう。斬新でインパクトがあるというよりも、ひっそりとしている反面、人の目に触れやすいという感じです。」

    初めて見た時、シンプルでとても上品なロゴデザインだなと感じました。

    「それと同時に落ち着きはあるけれど、あまり目新しさは無いとも思いました。でも、よく考えて見ればロゴっていうのは一回で終わるものではなくて、ずっと使い続けていくもの何ですよね。それならば大切なのは斬新なデザインで人目を引くのでは無く、何年使っても飽きが来ないような落ち着きや安定感があるものが必要なのではないでしょうか。
    その点このロゴはどうでしょうか?あっさりとしているけれど繊細さを感じる、いかにもカフェらしいスタイリッシュなデザインです。葉っぱのモチーフは生き生きとしていて個性的ではあるけれど、決して奇抜さは無く落ち着きがあります。まさに「何年使っても飽きない」という言葉にぴったりではないでしょうか。

    お洒落でいいロゴデザインですね。

    「なんだか見ているだけで気持ちの落ち着くような、リラックスできるデザインになっていると思います。その意味では、カフェにぴったりだと言えるかもしれません。私たちがカフェに何を求めるかというと、ゆったりとリラックスできる空間、時間なんですよね。だとすれば、そのロゴは、そこで得られる至福の時を示唆するものでなければいけません。この飾らない感じのロゴからは、安らぎとか穏やかといった印象を受けますから、カフェのものとしては非常に優れていると思います。
    細い線で描かれているのが、なんだか羽ペンで書いた文字のようで美しく、品が良いですよね。カフェでコーヒーを飲みながらノートに何かを書きつける女性、そんな光景が目に浮かんでくるようです。そして描かれた葉っぱが良いアクセントになっています。これによってロゴ全体に温かみ、優しさといったものが付加され、バランスの良いデザインに仕上がっているのです。
    おそらくこの黒の文字だけでしたら、美しい字体であるとはいえ少し重たい感じになっていたと思います。そこに葉っぱが、黄緑色が加えられることによって、全体的に柔らかで親しみやすいデザインとなっているんですよね。小さな葉は可愛らしくもありますし、店名のイメージを表現してもいて、すごく良いと思います。こんなカフェの看板を見つけてしまったら、それはもう立ち寄るしかありません。広告塔としても良い働きをするロゴマークです。」

     

    カフェロゴ制作料金のページへ


    1. TOP
    2. ロゴデザイン制作依頼・提案例 サンプル見本一覧
    3. 飲食店ロゴデザイン制作依頼・提案例
    4. 喫茶店/カフェのロゴ制作依頼
    5. 繊細でロハス感溢れるカフェロゴデザインを制作しました。

    ロゴデザインのLOGOLO™へようこそ!

    LOGOLOのロゴ

    ロゴ制作はLOGOLOにお任せください!

    ご予算に応じたプランで、リーズナブルにロゴマークの作成が可能です。企業から個人の方まで幅広くご利用いただいており、業種を問わず、様々な企業ロゴ・ブランドロゴ等の制作に対応しています。プロのデザイナーが作成するロゴマークをお求めやすい価格で!

    制作のお見積もり・ご依頼はお気軽に!

    為になるデザイン情報発信中

    ロゴデザインのコラム

    ssl2

    カード決済対応

    ©LOGOLO

    ■デザイン・記事内容はLOGOLO又は第三者に帰属します。
    ■デザインの参考画像としてのご利用や、メディアなどへの掲載を希望される方は、お問合せフォームよりご連絡ください。
    ※画像はイメージです。実際の情報と異なる場合がございます。
    ページ上部へ戻る



    事業概要

    ご利用規約

    LOGOLO™では、企業やブランドなどのロゴ制作を行っています。お気軽にお問い合わせください。